中学生になったら家庭教師を雇うのがベスト

実力を着実に高める方法

女生徒

将来を見据えて一流大学に進学したいときには、中学受験を突破して、大学進学実績に優れている学校に入学するのが理想的です。しかしトップレベルの中学校は難易度や倍率も高いために、入試に向けて早めに計画を立てて、受験勉強を始めるべきです。特に算数と国語が必須科目になっている中学入試が多いために、この2教科にターゲットを絞るのが、効率的な勉強法です。家庭学習だけで志望校に受かる人もいますが、中学受験に特化した学習塾で特訓指導を受けるのが、第一志望校合格への近道です。塾向けのテキストは、入試に出題される内容がコンパクトに整理されているので、教室での授業を通じて十分に学力が高められるでしょう。一方で学習塾での授業時間は1週間当たり10時間程度なので、家庭でも復習を中心に十分な時間をかけて、受験勉強に取り組む姿勢が肝心です。自宅での代表的な勉強法は、学習塾から出された算数や国語の宿題をやったり、市販されている問題集を解くことです。問題演習を終えた後は、単に答え合わせをするのではなくて、解説を熟読したり間違えた部分をやり直すことが重要です。補習指導にも力を入れる学習塾であれば、担当の先生が中学受験に役立つ勉強法もアドバイスしてくれるので便利です。また通信教育を活用した勉強法は、主体的に学ぶ姿勢が身に着けられるので、中学受験に向けての学習効果が大きいです。志望校別の教材も用意する通信教育であれば、算数の文章題や国語の読解問題の解き方もスムーズに学べるでしょう。